てらしまけいじの日記

「赤塚不二夫の旗の下に」絶賛発売中!漫画家てらしまけいじの日記です。

我が家の家宝、赤塚先生の色紙

f:id:terashimakeiji:20170729190621j:plain

と先生の部屋デス。

f:id:terashimakeiji:20170729190656j:plain

この色紙は、全国で展開された「赤塚不二夫展」用に描いたものです。

これは99年版じゃなかったかな、、。

先生の色紙は、キャラクターは先生が描きます。

朝早く起きて何百枚も同じ絵を夜まで描いていました。

キャラが入ったら後はフジオプロ・スタッフ、部屋に居合わせた人、

による流れ作業で色を塗ったりの流れ作業になります。

この時は、私はニャロメの肌色と口の中の赤を担当しました。

次の人がケムンパスの黄色と緑を塗って、赤トンボ担当に回します。

トンボは赤と青のサインペンで描いてましたね。

ここまではプロじゃなくても出来る仕事です。

次が、雲と足元の草。あだち勉先生(あだち充先生の兄)が

描きました。これを、それっぽくササッと描くのは技術が要ります。

赤塚先生は「こういうのって感じ出すの難しいんだよな、

あだっちゃん(勉先生)はうまいな」って言ってましたよ。

で、ニャロメの肌色が乾いたら綿棒でホホに頬紅を叩いて、

ハンコ担当がハンコを押して完成です。

体重をかけて何百枚もハンを押してましたよ。この係りはヤダなと思いましたね。

色を塗った色紙は絵の具が乾くまで重ねられないので、塗った部分を

少しずつズラして並べていくんですが部屋中色紙だらけになって壮観でしたヨ。

 

先生が「色紙は1枚百円で売ろう!」と言うので、思わず

「先生、色紙って文房具屋で買うと1枚百円するんですよ、サイン会なんかでは

1枚5千円とか7千円とかで売ってるマンガ家先生もいるのに」と言ったら

「色紙ってホントは金を取るもんじゃないんだよ」ということでした。

返す言葉がなかったですハイ。

あ、赤塚先生の色紙は今でも手に入るそうですが高くはないらしいです。

先生は頼まれると何枚でも描くので珍しくないんだそうです(^^)

去年開店した近所の居酒屋「飲み処」

に、仲間3人で開店当事に1度だけ行きました。

料理が何を頼んでも味がないんで驚きましたね。

こちらは冷奴をツツいてたんで気がつかなかったんですが、

焼きそばを食べていた仲間が

「これだったらウチの小学校の息子が作った焼きそばの方がうまいですよ」

と言うので一口もらって食べてみたら、なるほどそばの味しかしない。

料理は7~8品頼んだけど、出汁巻き玉子もマーボ豆腐も煮込みもみんな

素材の味しかしない。

これ全部味付けを忘れたとは考えにくいので3人して「???」、、でしたね。

昔、70年代の頃は結構あったんですよこういう店。

どうやったらこんなマズい玉子トーストが出来るんだろ、、

と思った喫茶店もあったけど、みんなツブれましたネ。

だけど、今時こういう店は珍しい。帰る時に外の店の看板を見たら

「飲み処」とは書いてあったけど「食べ処」とは書いてなかったので

正直な店ではあるな、、とは思った。けど、やっぱりオドロきでしたね。

今年になって、焼きそばを注文した彼が「最近は、夜店の前を通っても

電気ついてないですよ」と言ってたけども、どうも閉店したようです。

飲み屋の閉店は寂しいが、この店の場合はやむをエないだろうな、、

と思いましたね。

オニギリが好きで時々作りますが、ウマくないです。

オニギリって人に作ってもらった方がウマいと思いますね。

f:id:terashimakeiji:20170725192609j:plain

強く握らないで中にたっぷり空気を含ませるといい、、

NHKの「ためしてガッテン」で見たのでやってみたんですが

食べる時にボロボロ崩れて、ドもなりませんでした。

店で買ったオニギリはそれなりだけど、文句なしの店が一軒だけあります。

ヤマザキデイリーストアの中にある食堂のシャケのオニギリなんですが、

焼いたシャケの身をほぐしてを使ってるんですよ。

ご飯も家庭でフツーに炊いたご飯、、といった感じで、添加物の気配はなし。

おばあさんが一人でやってる食堂なので、おばあさんがイメージする

日本の正しいオニギリはこれなんだろうなァ、、と思いますね。ウマいです!!

この店、ウチからは往復40キロの所にあるので最近行ってないけど

時々無性に食べたくなりますネ、、明日行ってみるか、、な(^^)

JRいわき駅付近のバス停。

f:id:terashimakeiji:20170724190725j:plain

f:id:terashimakeiji:20170724190750j:plain

あんまりサッパリしてるので、最初見た時は笑っちゃったけど

「バスの本数は減る一方だし笑ってる場合じゃないんだよな、、」

と思いました。いやいや、、。

ウチはエアコンがないんで、夏は大変デス。

午前中は洗面所にちゃぶ台を運んで出版社へ売り込む原稿をやってますが、

暑くてドトールへ避難デス。次は図書館。涼しいトコを転々としています。

ヨーカドーの休憩所も涼しくていいんだけど、テーブルがないんで

仕事というワケにはいかない。

f:id:terashimakeiji:20170722200643j:plain

f:id:terashimakeiji:20170722200718j:plain

f:id:terashimakeiji:20170722200754j:plain

写真は上から、洗面所・ドトールコーヒー喫煙席・図書館の閲覧席デス。

しかしまあ、東京の夏に比べたらこの辺りはかなりマシですけどネ。

東京のアパートもエアコンがなかったので夏は地獄でした。

毎日、目が覚めた時点で疲労困憊だったですね。

近所のスーパーに避難して、買い物カゴを持ってナニか買うフリをして

店内をウロついていてやっと人間に戻ったかな、、と思ったもんです。

外を歩いてて、頭が白くなって瞬間的に気を失ったコトが何度かあったけど、

よく死なないで済んだものだ、、と思いますね。

夏だから暑くて当たり前なんだけど、

東京の夏はちょっと異質なんじゃないんだろうか。ハテ?

f:id:terashimakeiji:20170720195942j:plain

f:id:terashimakeiji:20170720200005j:plain

ちゃぶ台 コンパクトだけど使い勝手がよくて重宝してますヨ。

このちゃぶ台と座布団があれば、どこでも原稿仕事が出来ます。

家はエアコンがないので、今の時季は1番涼しい場所に移動して仕事してます。

震災前はよく海辺に車を止めて、車(軽自動車)の後部座席をたたんで

ちゃぶ台で仕事をしたもんデス。

原稿を描いていて、顔を上げると海が見えて「むふふ」なんて喜んだりして。

震災後は、海岸線に高い防波堤が出来て海沿いは全面的に

立入り禁止になったのでそんなワケにもいかなくなりましたが。

このサイズのちゃぶ台をもう一つ予備に欲しいな、、

と思い探しているけど中々ないですネ。

青しそと赤しそ。 

f:id:terashimakeiji:20170719200915j:plain

f:id:terashimakeiji:20170719200945j:plain

f:id:terashimakeiji:20170719201420j:plain

 

f:id:terashimakeiji:20170719201441j:plain

成長にバラつきはあるもののジワジワと増えてます。