てらしまけいじの日記

「赤塚不二夫の旗の下に」絶賛発売中!漫画家てらしまけいじの日記です。

夏木陽介さんが亡くなったそうだ。

「好き勝手 夏木陽介 スタアの時代 .轟夕起夫著」

という本を図書館で借りて読んだことがある。

夏木陽介という人は奔放で、かなりヤンチャな人だったようだ。

父親から「ケンカをしたらとにかく勝て!そこらに落ちてる

棒っキレでも石っコロでも何でも使って絶対勝て!!」と教育されたそうだ。

丹波哲郎の「夏木..あいつは危ない!」というコメントが載っていた。

面白い楽しい本だった、ワクワクした。

「昭和」って、今の時代からは想像もつかない全く別の世界だったんだな..

これホントに日本の話..?と思ったものだ。

この人の出演作でもう一度観たいのは、本の中で夏木も好きだと言っていた

「地方記者」だけども、商品化されてないということで

昨日は東宝特撮映画「三大怪獣 地球最大の作戦」を部分的に観た。

夏木陽介...男前だなあ。  夏木陽介さんのご冥福をお祈り致します。