てらしまけいじの日記

「赤塚不二夫の旗の下に」絶賛発売中!漫画家てらしまけいじの日記です。

町なかの「そば.うどん処」

f:id:terashimakeiji:20180322143823j:plain

の醤油ラーメン。

f:id:terashimakeiji:20180322143858j:plain

40年以上も前は好きでよく食べていたけど、ハテどんな味だったっけ...

と思って頼んでみた。この店は、ラーメンと半チャーハンとか

ラーメンとミニカツ丼とかのセットメニューはあるけど、

ラーメン単品はお品書きにのっていない。思い出した昔からそうだった。

ラーメンだけでもいいですかと聞いて注文したんだった。

久々に食べたけど、正に昭和の一杯というラーメンで、

コレ40年前から味変わってないんじゃないか...と思いましたね。

チャーシューではなく、ラーメンスープで煮たと思われる豚肉が

一切れ入っている。

スープを一口飲んで、麺を噛んで飲み込んで、1拍おいた頃に

ナンとものどかな、ふわ~んとしたうま味が口の中に広がる。むはは、いいいい♪

主張の強い濃いスープのラーメンもいいが、こういう控えめなコクも悪くない。

というか、今探しても中々ないだろうな..こんな骨董品みたいなラーメンって。

さて、これいくらだろ...6百円くらいかと思って勘定したらナンと驚きの5百円。

「うまかったです、ごちそうさまッ!」とオバちゃんに挨拶したら

オバちゃんは「あら~よかったあ」と言ってヨロコンでいた。

だけど、今時こんな料金で商売になるのかな...と心配になる、頭の下がる、

アリガタい一杯でした。また行こう(^^)