てらしまけいじの日記

「赤塚不二夫の旗の下に」絶賛発売中!漫画家てらしまけいじの日記です。

                                                                                                                                

f:id:terashimakeiji:20181102152306j:plain

スーパーにこんなポスターがあったので 

f:id:terashimakeiji:20181102152722j:plain

10/13(土)いわき市立美術館、行ってきました。

入り口で紙芝居をやっていた。

f:id:terashimakeiji:20181102152817j:plain

ありゃ~~、ナンだよ最初から見たかったなあ。

f:id:terashimakeiji:20181102152932j:plain

この一見、平野レミさん風のお姉さんは

プロ街頭紙芝居チーム.三邑会(さんゆうかい...だそうです。読めなかった)

所属の紙芝居屋「のんきあやや」さん。館内にチラシがあった。

こういう活動を続けている人がいるのは有難いことだなあ...と思いましたね。

お客さんは大人も子供も笑顔で真剣に見ておりましたよ♪

 

「昭和のこども」写真展もよかった。

日本がまだ貧しかった、昭和20~30年代の子供の暮らしを見ていたら

ラクラした。「ホントにこんなことあったんだっけ...」と思った。

当方は間違いなくこの時代に生息してはいたんですが、

どこかよその国の出来事みたいな気がした。えらい変わりようだ。

昔、赤塚先生が「テレビが出来てから世の中が変わった」って言ってたけど

その次はパソコンの登場だろうか...

なんてことを考えながら安酒場へ移動。湯豆腐で一杯引っかけた。むはは。