てらしまけいじの日記

「赤塚不二夫の旗の下に」絶賛発売中!漫画家てらしまけいじの日記です。

友人のT高校教師が「おんちゃん(おじちゃん.いわき語。私のこと)」

うまいラーメン屋があるって聞いたんで行ってみるかい」というので行った。

f:id:terashimakeiji:20190227225654j:plain

で、いわき市平下平窪(タイラシモヒラクボ)のラーメン店「瓢たん」到着。

店前のベンチには先客が二名。

入り口横のボードに名前を書いて外で待つ。というシステム。

f:id:terashimakeiji:20190228000252j:plain

「Tよ、二人も待ってるぞ寒いしどうする」と言うと

「二人ならノープラモデル(プロブレムらしい)待つべよ」というので待った。

Tによると「ここは塩ラーメンがうまいっていう話なんだけども、

初めてだし、まずは醤油ラーメンを攻めるのはどうだろうか」

「ほうほうほう.なるほどなるほど」ちゅな話をしていると、

入り口の引き戸がカラカラと開いて

「次のお二人さまどうぞー、販売機で食券を買ってお待ち下さいー」

という案内があり、醤油ラーメン.7百円(高い)の食券を買って

女店員に渡し4人掛けのテーブル席についた。

f:id:terashimakeiji:20190228000351j:plain

店内には、小うるさい注意書きの貼り紙がいろいろあり

こういう店か、知ってりゃ来なかったんだが...と思ったが

ラーメンはうまい!!アタリこれ!二人してスープを完全に飲み干した。

f:id:terashimakeiji:20190228000452j:plain

Tが「これは本命の塩ラーメンもかなりイケそうだなあ。

もう一回来るようだなあ」と言うので素直に同意。だったですね。

7百円は高いけど(まだ言ってる)。