てらしまけいじの日記

「赤塚不二夫の旗の下に」絶賛発売中!漫画家てらしまけいじの日記です。

いわき市の 小名浜という港町の「チーナン食堂」

f:id:terashimakeiji:20190418144145j:plain

個人の感想なんで、そのつもりで聞いてほしいんでありますが...

ここのラーメンは絶品だった。残念ながら「だった」と過去形で書くよりない。

f:id:terashimakeiji:20190418144329j:plain

ラーメン好きの友人、高校教師のTに教えてもらった店で

小名浜に用があると必ず寄っていたんだが、

2~3年前から「ん...?」と思うようになった。

魚介系のスープの味が薄くなったような気がする。

まあ、こちらはビンボー舌なんで気のせいか...と最初は思ったが

行くたびに、スープがお湯で割ったように薄くなってる...

と思うようになった。以前のようなコクもない。

最近はラーメンを注文すると、早い時は1~2分で運ばれて来る。

ここのラーメンファンの一人に、チーナンのラーメン味変わってない?

と聞いたら、「ああ、店が忙しい時に行くと味薄いね。

何か時短のワザを編み出したんじゃないか...」というので先週また行ってみた。

時間は夕方4時少し前、先客は1人。

ラーメンを注文して時間を計ってみた。2分で出てきたのでいやな予感がした。

ダメだった。

6百円だし、この内容なら普通にうまいし納得するお客も多いとは思うが

前の味を知ってると、この味では何とも情けない。

T教師に「チーナンのラーメン、最近味変だと思わないか?」とメールを打った。

返信あり「オレも先週行ったがスープは濁ってるし、ダシは効いてないし

麺の茹で加減は浅いし、ダメだったなァ...」ということだった。やっぱり。

コクのある、しみじみとした深い味わいの、食べ終わると得をしたみたいに

シアワセな気分になった、あのチーナンラーメンはもう食えないようだ。

 

ラーメンの写真は、うまかった4年前の時のであります。